BLOG

kaneda*mokko

2008.01.15 どんと焼き


月が神秘的です
昨日寒空の夜「どんと焼き」に行ってきました{/音符/}
「どんと焼き」とは?
どんど焼きの行事内容は、竹、藁(わら)、杉の葉などで作った小屋ややぐらを作り
正月飾り、書き初めを一緒に燃やし、繭玉だんご、 あるいは餅を焼いて食べているそうです。 
その他「どんどの火で焼いた団子を食べると虫歯にならない」
「どんどの火この一年を無病息災ですごすことができる」
「書き初めが神火で高く上がると、習字が上手にな る」などの言い習わしも
また、「正月飾り」を燃やすという行為から、歳神様を空に送る
つまり神火をもって「正月の神様」を送るという意識が働いているそうです。
当然車で行ったのですが、田んぼの真ん中でお炊き上げをするので
田んぼには駐車場がないのです{/汗/}(当たり前か?)
なんとか近くの市民センターの駐車場に止め、寒空の中
とぼとぼと歩いて行きました(その日は極寒)
でもどうしても、お正月のお飾りと次女の宮参りのお札を
お炊き上げしてもらいたくて必死で〜(笑)
でも、こんな風に間近で炎を見る機会はそうそう
あるものではありませんよね。
間近で見る炎は迫力ありました{/ピカピカ/}
一年間家族が健康に過ごせますように〜
>mu-mu


+Kaneda*mokko HP+


一覧ページに戻る

Recent Posts

キッチン背面収納 リートフェルトのレッドアンドブルーチェア 卒業式 美容室のリフォーム ハンバーグランチ リノベーションの現場にて 3月3日雛祭り OUTPUT 2月のkikiさんのお料理教室 卒展

Categories

  • kaneda*mokko blog
  • その他
  • Archives