BLOG

kaneda*mokko

2007.11.20 木の話

午前中は今製作中・Fさんのパソコンデスクの作業。
そこに得意先の不動産屋さんから連絡で、自分で直そうと思ったが
直らないので来てくれと。
途中から下駄箱の吊戸の直しに。う〜ん、作業が腰折れに。
午後は栃木県産業技術センターで木材工業技術講習会に参加。
「ちょっと樹になる木の話」のお題で、森林総合研究所の講師の方が
間違いだらけの木材知識に関する講演を聴講。
一般的に蔓延している間違った木材の知識を一つ一つスピーディーに解説されていました。
(3時間弱くらいの講演会でしたが、あっという間でした。膨大な内容で、飛ばす飛ばす。)
改めて木の世界の奥深さに魅入られました。
某有名な書籍や建築系の教科書などにも間違いが多いらしい。
僕は建築学科ではなくインテリア科卒なので、材料工学は学んでいない。
だから設計事務所に入ってからや、今の仕事についてから独学で勉強しているけど
その教科書が間違っていたとしたら・・・・。
誰かの間違えた記述を参考に新たな教科書を作っていたとしたら
間違った知識が固定化しちゃいますよね。
インターネットの世界は誰もが簡単に誰かの文章を下調べもせずに引用できる。
が、その情報の正誤はよく調べられていないだろうから、間違った情報が氾濫してしまう。
便利な反面、とても危ういツールですね。
僕の情報自衛策として、一つのことを調べる時には、最低3つくらいの情報を調べてみる。
メーカーなどはいいところしか話さないので、経験者などに聞いてみる。そして試してみる。
世の中がどんどん便利になればなるほど、地道な裏づけ作業が必要です。
いろいろ調べた後、やはり自分で試してみることが一番信用出来るような気がします。
溢れる情報を鵜呑みにするのはとても危険。
>ochi

+Kaneda*mokko HP+


一覧ページに戻る

Recent Posts

TVボード納品しました ブルーピリオド アクリルパーテーション全国配送致します。 メラミン貼りの出窓カウンター修理。 アクリルパーテーション設置 筑波山の稜線が綺麗で 教科書掲載 続ゾーニング工事 休校中の思い出 久しぶりにTVボード

Categories

  • kaneda*mokko blog
  • その他
  • Archives