BLOG

kaneda*mokko

2010.03.12 小箱


以前、山形建築研究所・山形さんが設計された「鶴田の家」のお客様のために
小さなチェストを製作しました。
シナ合板にオイルで仕上げて_。
喧嘩になるから、お兄ちゃんと弟君のために、同じかたちで2台。
これなら喧嘩にならないね。
不思議と、シナ合板で家具を製作することが続いています。
白で塗りつぶしたり、ウレタンでクリアに仕上げたり、オイル仕上げにしてみたり。
シナはリーズナブルでオールマイティだ。
濡れ肌(クリアを塗ると、しっとりした木目が浮き上がること)に抵抗があるならば
白系のステインやオイルを塗って、直ぐに拭き取れば、シナの白さを生かした仕上げも出来るのです。
>ochi


一覧ページに戻る

Recent Posts

TVボード納品しました ブルーピリオド アクリルパーテーション全国配送致します。 メラミン貼りの出窓カウンター修理。 アクリルパーテーション設置 筑波山の稜線が綺麗で 教科書掲載 続ゾーニング工事 休校中の思い出 久しぶりにTVボード

Categories

  • kaneda*mokko blog
  • その他
  • Archives