BLOG

kaneda*mokko

2020.11.15 タケノイブキ

栃木県立美術館で開催中の企画展「竹の息吹き」を日曜朝一で見てきました。

本展示を見る前は、 竹工芸における自分のイメージは、おばあちゃん家の居間の隅にある「屑かご」やみかんが無造作に積んである「果物かご」程度でした。

しかし、実際に作品群(展示量としても十分だと思います)をまのあたりにすると、その繊細且つモダンな造形は、竹でしかできない利点を見事に活かした構造美に驚きました。

しかも竹工芸 分野において、日本に2人しか存在しない人間国宝のお2人が、栃木県在住であるとは、もっと広く知られていいことだと思います。

まだ開催中ですので、皆様是非ご鑑賞下さい。

>>栃木県立美術館サイト


一覧ページに戻る

Recent Posts

来月は夜間工事。。。 タケノイブキ 原美術館 旧英国大使館別荘 アクリルパーテーション兵庫県神戸市に発送いたしました 木の取手 キッチン収納納品です ブルーピリオド、コラボってたよ。 黄昏れ 今年も鍋シーズンが。。。

Categories

  • kaneda*mokko blog
  • その他
  • Archives