BLOG

kaneda*mokko

2010.12.09 THE 民芸


襖の張替えのご相談で伺ったお宅が
濱田庄司さんと棟方志功さんのご親戚の家だった・・・えらいこっちゃ。
益子焼きの陶板で出来た衝立や、部屋中の板戸に墨絵が描かれていたり
バーナード・リーチ氏たちと収まっている写真もあった。
「リアル(生活の中で活きた作品)民芸館」でした。
普段の生活の中で、あたりまえに使われているので
汚れてはいるけれど美術館で見るより、はるかに迫力ありました。
志功氏がまだ無名の頃、のお話だそうですが、今では「時価」ですね。
うちにも民芸繋がりないかなぁ・・・と探したのが

以前沖縄の友人にもらった、宮城須美子さん作の湯のみ。愛用してます。
私たち夫婦にはこれがいいかなぁ、と見立ててくれたもの。
金城次郎さんのご一族は「魚紋」がモティーフで、ちょっとづつ魚の表現が違うみたいです。
民芸に無理やりつながりましたな。
しかも私、全然関係ありませんな。(笑)
>ochi

INFORMATION………….
WEB_Kaneda*mokko  2010.10.15 #057O-house / #058Y-house どちらもウォールナットを使用したTVボードを更新しました。


一覧ページに戻る

Recent Posts

水害のリフォーム TVボード納品しました ブルーピリオド アクリルパーテーション全国配送致します。 メラミン貼りの出窓カウンター修理。 アクリルパーテーション設置 筑波山の稜線が綺麗で 教科書掲載 続ゾーニング工事 休校中の思い出

Categories

  • kaneda*mokko blog
  • その他
  • Archives