BLOG

kaneda*mokko

2009.10.20 虫害対策


築9年、玄関の木製ドアの修理を行いました。
症状は、キクイムシによる虫害。この手の処理は、私も初めてでした。
芯材である框の柔らかい部分から喰い進み、下桟にも及んでいました。
玄関の建具廻りに木屑がふわっと落ちている場合は、一度点検された方を
お勧めします。

取り付けてしまうと見えない部分なので、修理履歴として修理過程を撮っておいて
プリントしたものをお客様には渡しておきました。
通常、この程度の年数では虫害が発生したケースは無いのですが今回は
・玄関が北向き
・L型の入り隅部分にある玄関のため、空気が溜まり易い。
・気密性を上げるため、建具の下に隙間シールを取り付けていた。
・軒の出が浅く、直接建具に雨が当たる。
診断としては、これらの諸条件が重なり、雨が止んでもシール部分が水分を含み
下端が常に湿潤状態で、ムシにとっては良好な状況にあったと思われます。
(人間にとっては、良好じゃないんですけど。)
対策としては、既に侵食の進んでいる部分(下桟の侵食されていない部分も)を全て掘出します。
(既にふかふかに柔らかくなっています。)
既に卵を産み付けている可能性もあるので、内部に殺虫剤を噴霧。
その後下桟(念のため、腐りにくいヒノキ)を新たに入れ直して、最後に防腐塗装を塗布。
玄関に段差があるので、隙間シールは止めておきました。
とまあ、木製玄関戸はかっこいい反面、諸条件を考慮して取り入れないと、後々面倒なことにもなりかねません。
ご採用の際は、その点ご考慮下さい。
ちなみに、南面など、直射日光が当たる場合、まず間違いなく反ります。
通常、納品後1年間は、何回か調整に行くことが多いです。ちょっとした仕掛けをすると、ある程度抑えられる
のですが、それは・・・企業秘密です。(笑)
>ochi
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
+栃木県建具組合連合会・加入のご案内+ 栃木県内の建具屋さんへのメッセージ
[連絡先]
(有)金田木工所 代表取締役/栃木県建具組合連合会・会長 金田 正弘
TEL:028-661-7797 FAX:028-661-7862
E-mail:info@kaneda-mokko.chowder.jp
※連合会参加希望の旨をお伝え下さい。詳細は電話にてお問合せ下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
++ kaneda*mokko website ++  
2009.10.3 #049 7LOOKS / #050 N-houseを掲載しました。


一覧ページに戻る

Recent Posts

水害のリフォーム TVボード納品しました ブルーピリオド アクリルパーテーション全国配送致します。 メラミン貼りの出窓カウンター修理。 アクリルパーテーション設置 筑波山の稜線が綺麗で 教科書掲載 続ゾーニング工事 休校中の思い出

Categories

  • kaneda*mokko blog
  • その他
  • Archives