BLOG

kaneda*mokko

2009.02.03 ソフトクロージングの抽斗



Nさんのキッチンカウンターがようやく出来ました。
資源ごみの分別用抽斗と食器の収納部分からなっています。コンセント付、天板は人工大理石。
食器収納部分は、昨今標準仕様になってきた、「ソフトクロージング機構」がついた抽斗。
閉める時に、最後にゆっくり閉じる「あれ」です。
国内のシステムキッチンメーカーがこぞって採用してますね。
おそらくどこのものでも、ブルムかヘティッヒ、ハーフェレのいずれかでしょう。
何故、国内の金物メーカーはこれを開発しなかったのでしょうか?
こういうの日本人は得意だと思うのだけれど。
やはりヨーロッパは洋家具の歴史が当然長いので、何が「上質か。」が分かっている。
金物のお値段もいいお値段しますが、払うなりの価値はあります。
ちなみにKaneda*mokkoではハーフェレ製を採用しています。質感も高いですよ。
>ochi

———————————————————————
++ kaneda*mokko website ++
2009.01.06 #037正信寺本堂・#038K-houseを掲載しました。
サカタプレスコーポレーション発行の「TonTon」2月1日号に私たちが掲載されました。


一覧ページに戻る

Recent Posts

リートフェルトのレッドアンドブルーチェア 卒業式 美容室のリフォーム ハンバーグランチ リノベーションの現場にて 3月3日雛祭り OUTPUT 2月のkikiさんのお料理教室 卒展 フランク.ロイド.ライトと明日館

Categories

  • kaneda*mokko blog
  • その他
  • Archives