金田木工所ブログ

2008.02.29 ゼブラの座卓


温泉旅館・山喜さんの座卓と文机の塗装がようやく終わりました。
ウォールナットとケヤキ/サクラを合わせたデザインにし、クリアで仕上げています。
今回は2種類の木を合わせたので、それぞれの木の色味を楽しんでもらえるように
ウレタンクリアを選びました。
塗装の世界も奥が深く、用途や使われる頻度によって、その時々で
何を塗って仕上げるか、考えます。
オイル仕上げは時々塗り直す必要がありますが、木の味わいが一番楽しめます。
人間のお肌にも手入れが必要なように、木にも手入れが必要です。
ウレタンの場合は、店舗や公共施設など、不特定多数の人が利用する場所
使用頻度が高い場合によく使われます。
とにかく木の場合は、木を保護するために何かしらの
塗装が必要になります。なんでもそうですが、「適材適所」が
肝心ですね。

>ochi

+Kaneda*mokko HP+


一覧ページに戻る