BLOG

kaneda*mokko

2008.12.18 今時の子育てに思う…



子育ては日々格闘技…。
そんなことを思う、今日この頃です。
上の娘はしっかり者で聞き分けもすごくいい。
僕も長男だから、その辺の気持ちがよく分かる。
それだけに、こどもらしからぬ物分りの良すぎなところが気にかかる。
もっとエネルギーを爆発させてくれるといいのだけれど。
親としても初めての子なので、ついつい一挙手一投足が気になっていました。
父親としては、できるだけ小言を言うのは抑えるように心がけていたけど、ついつい。
上の子は少し可哀想だね…。
逆に下の娘は、爆発するエネルギーそのもの。
1歳半くらいでも、既にいやなことは
「イヤー!」
と自己主張をはっきりする。
体全体で主張を表現する。
もう、1日一緒に付き合うと、疲れること、疲れること。
主張をはっきりしないと、家族の中で埋没していっちゃうから。(笑)
でもこの方が少し安心するね。
幼稚園でも、習い事や小学校受験で2〜4くらいさせる時代だから
我家はもう、ついていけません。(笑)1つでもいっぱい、いっぱい。
かわいそうだね、今の子は。
親としてはこどもの将来を案じてのことだと思うけれど
こども時代は、決して大人になるための投資期間ではないと思う。
親のマリオネットじゃないよ…。
いろんなことを五感で感じることができる、こどものための期間だと思います。
ころんだり、けんかしたり、泣いたり、笑ったり。
友達との「摩擦」の中から、人との距離のとり方だとか、「コミュニティの中での
自分の居場所」を見つけたりできるのではないでしょうか。
いい高校、いい大学、1部上場企業への就職がゴール。
日本で暮らすには、このコースが一番効率がいい方法だけれど
これは経済論理上の都合の話だから。
「生きる」ということの本質を捉えている訳ではない。「生きる」ってなんでしょうね。
勉強の好きな子はどんどんやったらいいし
スポーツの好きな子はどんどんは走ったらいい。
アートが好きな子はどんどん絵を描いたらいい。(僕はこのタイプだったし。)
それぞれが夢中になれることを見つける方が、より大切ではないでしょうか。
どれも優劣がある訳ではなく、どの能力もイコールでしょう。
私も二人の父親として、親の心配事は分かるつもりだけど、少し世の中にも意見してみたい。

「大人よ、こどもたちを開放しよう!」って。
>ochi
Kaneda*mokko年末年始のお休みのご案内です。


2008年12月27日〜2009年1月5日
6日より通常通りの営業です。年明けも納品が暫く続きますので、ご注文をお考え下さる場合は
お時間に少し余裕をもって、お問合せ下さいね。打合せも、何回かかかる場合があるのです。

*HPリニューアル&12月の更新です。12月は「#035 圓城寺本堂」、「#036 W-house」をアップです!
+Kaneda*mokko HP+


一覧ページに戻る

Recent Posts

もうすぐ入園式 キッチン背面収納 リートフェルトのレッドアンドブルーチェア 卒業式 美容室のリフォーム ハンバーグランチ リノベーションの現場にて 3月3日雛祭り OUTPUT 2月のkikiさんのお料理教室

Categories

  • kaneda*mokko blog
  • その他
  • Archives