archive

2012.01.26 幸せなキッチン


このカット、久しぶりです。昨年末から取り掛かり始めたキッチンも
大分かたちになってきています。
ヨシダクラフトさんのMさんのキッチンは既に完成していて、あとは
設置を待つのみ。Aさんのは只今塗装屋さんに行っています。
今は写真のIさんのキッチンを製作中です。
こちらも後はキッチン側を製作するのみとなりました。
既に工場内には置き切らないので、材木屋さんのご好意で
そちらの倉庫にも置かせてもらい始めました。
単に毎日の食事をつくる場所・道具ならば、機能性を
徹底的に研究したシステムキッチンで十分だと思います。
でも、私たちはキッチンを「住宅設備」と思ったことはありません。
誰かのために作る料理は、食べる人のことを思い、喜ばせる力があると私は思います。
そして家族は、料理を作ってくれる人、食材を作ってくれる人、運んでくれる人
日々食事が頂けること全てに感謝しているのです。 「いただきます。」と。
ちょっと前まで当たり前に思われていたことが、現代ではとても豊かなこと
だったと気付かされているように思います。
私たちの創るキッチンは、そんな料理をつくる人が楽しく料理できること、
家族が自然と集まったり、手伝ったりできること、機能的ではあるけれど
過剰な機能・収納量ではないこと。「家具」として住まいに調和をとること。
これからもそんな「幸せ」なキッチンを創り続けたいと思います。
>ochi

★ご相談日のご案内
2012年3月頃までの期間、ご注文が大変混みあっております。
つきましては、2012年2月〜3月の間、毎週土曜日を「ご相談日」とさせて致します。
新規のご相談やお打合せのご予約は、ご相談日に承ります。
ご不便をお掛け致しますが、ご理解の程、お願い申し上げます。


2012.01.09 あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます
昨年は誰にとっても大変な一年だったと思います。もちろん私たちにとっても、いろいろと考えさせられる年となりました。
震災以降、ブログを含めweb関連の更新を減らしていました。正確に言えば、「お伝えするほどのことが書けるのか。」という気持ちで控えてきました。
このブログは、「木工の作り手の姿を広く知って頂きたい。」という理由から始りました。初心に忠実に、これからも皆様が普段知る機会のない製作の裏側や、デザインのこと、技術的なことなどを少しでも分かり易くお伝えできたらと思います。
もちろん「暮らしを支える道具」を作っていますので、暮らし・家族に関わることも大切にしたいと思います。そして日常に「笑顔」があれば最高です。
(※)何でもない日、ありがとう。 ・・・感謝の気持ちで。今年も宜しくお願いします。
有限会社金田木工所 社員一同
※何でもない日、おめでとう。「不思議の国のアリス」より一部改変。