BLOG

kaneda*mokko

2008.05.15 防災意識

連日ニュースで伝えられている四川の大地震。
倒壊した学校の周辺で泣き崩れる母親らしき人の
姿が映されるたびに、心が痛みます。
援助物資は受け入れても、人的な支援の受入れには慎重なところが
やはり中国らしい。
国家の面子を保っている暇があったら、他国の支援を受け入れて
人命救助を優先すればいいのに。
一党独裁の弊害が垣間見れる。
地震の規模の大きさもあるのでしょうが、倒壊した建物の多さにも
驚かされます。
日本の建築構造と違うのでしょうが、映像で見る限りあまりにももろい。
ただ、日本の建物だって、想定外の地震が来れば、どうなるか分かりませんね。
世界で最もリスクの高い首都を持つ日本だから、東京が被災すれば、国家の機能
も少なからず麻痺するかもしれません。
私達も日頃から防災対策を怠らないようにしないといけませんね。

>ochi

+Kaneda*mokko HP+


一覧ページに戻る

Recent Posts

TVボード納品しました ブルーピリオド アクリルパーテーション全国配送致します。 メラミン貼りの出窓カウンター修理。 アクリルパーテーション設置 筑波山の稜線が綺麗で 教科書掲載 続ゾーニング工事 休校中の思い出 久しぶりにTVボード

Categories

  • kaneda*mokko blog
  • その他
  • Archives