Portfolio

オーダー事例集

BACK
事例/KI-001

T邸_陽だまりの樹

year
2008
builder
積水ハウス
design
kaneda*mokko
material
hard maple
painting
mexeseal

Tさんのキッチンは私たちにとって、とても思い出深いお仕事になりました。それまでも学校の調理室の調理台などは作っていたのですが、家庭用のキッチンはこれが初めてです。それだけに、いろいろなことを調べて研究し、とても勉強になりました。何でお調べになったのか、最初はお電話を頂きました。その後、おおよそのご希望をメールで頂きました。当初は「こだわってるなぁ。」と感じたくらいでした。その後実際にいらっしゃって、よくよくお話を伺うと「これは大変な仕事になりそうだな。」と思うようになったのです。

建築中の過程で奥様ご自身及びご家族に、シックハウス症候群の症状が出てきたそうです。当初は有名システムキッチンメーカーのものを導入される予定でしたが、ショールームを見学していても気分が悪くなったそうです。そこで完全に無垢材のものを・・・という風に変更されたのでした。さらに工事はすでに進行中で、設備の配管類はすでにシステムキッチン用の寸法で立ち上がっていたのです。ご希望のかたちに合わせながら、設備配管をどう取り合わせさせるか、この部分はかなり悩みました。最終的には、リビング側に設備点検用のハッチ扉を設けることで、施工時の取付作業が出来るようにしました。

ご予算はシステムキッチンのご予算で決まっていたので、全てを無垢材には出来ないのですが、可能な限りメープルの無垢材を使いました。それ以外も突板を使用しています。今回は塗装も特殊な塗料を使い、家具への化学物質の吸着・放出を防いだものになっています。メープルにシルキーな光沢が生まれ、とてもきれいです。框組の扉には、アクセントに十字のモールを付けました。「ツルッ」とした面だけでは、少し澄ましすぎな感じがしたんです。

シンク下はゴミ箱を収納するオープンスペース。雑巾掛けも付いてます。こういうのは、なかなか気づかないことですが、ちょっと気遣いをしておくと、便利なんです。雑巾は必要な時がちょくちょくあるのですが、なかなか置き場が決まっていないですよね。オープンスペースがあると、こんなこともできます。

背面にはキッチンボードがあります。カウンターの上には電化製品、抽斗には食器類、扉の中にはストック類を収納します。吊り戸棚がないので、キッチン廻りがすっきりとした印象があります。抽斗の中には仕切り板を入れたので、収納するものに合わせて抜き差しできます。

portfolio

キッチンTVボードキャビネットパウダールームテーブル・デスクシェルフショップ・オフィス病院・公共施設学校・幼稚園ヘアサロン寺社仏閣建具その他キッチンカウンターコラボレーション
ご注文から納品まで素材について

お問合せ・ご相談

kaneda*mokko

はじめてオーダーメイドをご検討いただいている方にも、是非気兼ねなくお問合せください。

tel. 028-661-7797fax.028-661-7862お問合せ