archive

2008.02.18 キッチン小話1


○お菓子教室を開かれているOさんのアイランドキッチン。
といっても炊事機能はなく、純粋な作業台です。
扉の中には調理器具を収納。引き出しはレシピやランチョンマット
を収納。中はリビング/キッチンどちらからでも取り出せるように
なっています。

何回かに渡って、キッチンについて書こうと思います。
最近、インテリア雑誌はもちろん、一般紙にも
キッチンの特集が組まれるくらい、キッチンに
注目が集まっていますね。
今注目が集まるのがアイランド型のキッチン。
北側に台所があって、主婦が背中向けて
静々と炊事をする・・・というのは昔の話。
今はダイニングやリビングと繋がって
家族の方へ顔を向けて、お喋りしながら炊事を
する、という感じになってきています。
個人的にも、この方が健全な気がしています。
だって炊事一つするのも、楽しくかつ手際よく
やりたいじゃないですか。
いいところばかりのように思えるアイランド型にも
欠点があって、キッチンとしての占有スペースが
Ⅰ型やⅡ型よりも広く必要になることです。
アイランドですのでキッチンの廻りを回遊するよな
かたちになります。
ですので移動スペースが余計に必要になってきます。
又、レンジフードが壁ではなく天井から吊り下げる
必要があるんので、天井に補強が必要。
それにキッチン然としてしまう要素でもあります。
家具的にキッチンを捉えるのであれば
既製品のレンジフードではなく、箱型のシンプルな
特注品も選択筋に入れてみてはどうでしょうか。
ochi

+Kaneda*mokko HP+


2008.02.15 キッチン日和


●以前納品したTさんのキッチン。綺麗に使ってもらってました。
今日はなんだかキッチンづいた1日でした。
立て続けに3件のお問い合わせがあり、どれもキッチン/キッチン廻りに関すること。
こんな日もあるんですねぇ。
とりあえず資料を送らせていただくことにしたり、来週いらっしゃりと
頭の中キッチンだらけでした。
手はHさんの壁面収納作ってますけど。
キッチンがダイニングやリビングに置かれるようになってから
家具的に捕らえられるようになってきました。
たしかにキッチン然としているより、家具のようにやわらかく
仕上がっているといいですよね。
次から何回かに渡って、僕がキッチンについて思うことを
綴りたいと思います。

ochi

+Kaneda*mokko HP+


2008.02.12 シックな脚


表題を見て、エレガントな女性の脚・・・を想像された方
ごめんなさい。
座卓の脚のことでした・・・。
今、笹沼さん(うちの職人さんです。)が掛かりっきりの
温泉旅館・山喜さんの座卓は脚を無垢のウォールナットで作っています。
今は脚部の櫓が出来上がったところ。
ここまでくれば、半分は出来上がり。
これから天板の製作に掛かります。
完成までもう少し・・・。
手際よく、笹沼さんが仕上げてくれます。
次は文机に取り掛かり、最後に館銘板。
館銘板の文字を彫るのは僕の仕事。
なかなか大変そうだ・・・。
平行して、Hさんのリビング・壁面収納と本棚にも
取り掛かります。こちらは僕が先行してパネルを
作り始めます。
納品はもう少し先。
楽しみに待っててくださいね。
>ochi

+Kaneda*mokko HP+