archive

2008.03.13 お知らせ

数日前からメールの送受信ができない状態になっています。
お問合せ頂く場合は、お手数ですが電話にてお願いします。
パソコンは何か不具合になったときに、どこが悪いのか解らないので
手におえません・・・。
>ochi


2008.03.08 モノが立ち上がる瞬間


ほぼ1日おきに書いてます、山喜さんの館銘板の話。
普段はあちこちに納品やら打合せやらで、なかなか
まとまった時間が取れないのが悩みでした。
1月から土曜日どころか日曜日も休みがとれなかったので
今日は職人の用事に便乗?して久しぶりに会社は休みに
しました。
ようやくゆっくり館銘板に打ち込める時間がとれました。
ただの板に文字を彫り進んでいくと、徐々に文字が
浮かび上がってきます。
物理的には「彫っている」から浮くわけではないけど
そう見えてくるんです。
「こんなに儲からない商売なのに、なんでここまで打ち込むんだろう?」
と時々思うことがあるけれど
プランニングで悩み、製作し始めてからも悩み、苦労したものほど
「モノが立ち上がる瞬間」が不思議と心地よく思えるから続くんだと思います。
昨今、普段の生活の中でモノが出来上がるまでのプロセスを目にすることが
なかなかありません。どんな人がどんなことを考えて作っているかも分かりません。
お店に並んでいるものを買ってきておしまい!です。
ここでは「モノができあがるまで」を少しでも感じてもらえるように努めています。
これぞ究極のトレーサビリィティ!いや、ちょっと違うかな。
やっぱり産地直送!地産地消!(笑)
できれば材料の産地まで分かるようにできればいいですけどね。
ochi

+Kaneda*mokko HP+


2008.03.06 おまたせしました・・。


昨日ようやくHさんの壁面収納と本棚を納めることができました。
うちの工場からすぐ近くだし(お子さんが同じ学区という近さ!)
スムーズに取り付けも進み、一安心。
夜に預かった鍵をお返しするがてら、何点取り扱い方を説明し
無事納品完了です。
「本当は、出来上がるまで不安だったんですよ。でも想像以上の
出来で安心しました。」とお話頂き、また一安心。
そうですよね、量産品と違って一点モノの家具ですから、出来上がるまで
現物を見ることができないですから。
直接お問合せ頂いたお客さんには、スケッチと図面を描いて
お互いのイメージギャップを少しづつ埋めていきます。
こんな風に

スケッチもパソコンで全ては描かず、手で描いたものに
仕上げ着彩でパソコンを使う程度にしています。
手で描いたほうがイメージに「幅」があり、温かみがあるので
アナログ手法をベースにしています。
3Dで表現するのも試したことがあったけど
リアルなだけで冷たい感じがしてしまって、どうも僕には
いまだに馴染めません。
結局手描き+パソコン(おーハイブリッドなスケッチ!)に
落ち着いてます。
うちはこんな「アナログ」な工房です(笑)

ochi

+Kaneda*mokko HP+