BLOG

kaneda*mokko

2008.02.22 キッチン小話 第3話


○自宅の家電収納カウンター。我が家は狭いので、よくあるスライド式の
炊飯器の台では、移動するたびに「ゴッ!」となります。
そこで天板を跳ね上げ式にして、炊飯中の蒸気は上に逃がすことでクリアしました。
オーブンレンジの放熱も同様。狭いならではの工夫。
ひとまずキッチンのお話は今日でおしまい。
いろいろ家具を作る中で、結論から言うと「キッチンが一番難しい!」
というのが実感です。
作業動線も検討する必要があるし、給排水設備や電気設備が絡み
水まわりなので耐久・耐水性が求められる。
しかも家の中で最も使用頻度の高い場所。
日常的な使い勝手にも気を配らないといけません。
でも、検討要素が多く、難しいからこそ「キッチンは面白い!」
とも思います。
機器類の配置に合わせてどこで目地をそろえるか、収納するもの
に合わせて引き出し高さをいくつに設定するかなど・・・。
ミリ単位で検討しないといけないことが多いので、普段眠っている
脳ミソをフル回転させて図面とスケッチを繰り返し描きます。
先日お話を伺ったキッチンも面白くなりそうな予感。
今から脳ミソがぎーぎー言ってます。
そんな私の膝の上で、次女がギャーギャー泣いてます・・・。
今欲しいもの・・・
「仕事に専念できる自分のアトリエ!」

>ochi

+Kaneda*mokko HP+


一覧ページに戻る

Recent Posts

もうすぐ入園式 キッチン背面収納 リートフェルトのレッドアンドブルーチェア 卒業式 美容室のリフォーム ハンバーグランチ リノベーションの現場にて 3月3日雛祭り OUTPUT 2月のkikiさんのお料理教室

Categories

  • kaneda*mokko blog
  • その他
  • Archives