archive

2007.10.29 秋の那須


観覧車からの眺め。私は下で待ってました。眺めいいなぁ。


日曜日に那須ハイランドパークへ行ってきました。
台風も過ぎ去ってお天気でよかった。
娘も楽しみにしてましたからね。
下の方は紅葉はまだでしたが、秋らしく気持ちが良かったですよ。
初めてハイランドパークに行きましたが(内心古い遊園地をイメージしていた)
手入れも行き届き、園内きれいでした。
気の毒なくらい空いていたが、大丈夫かな?
★がんばれ!ハイランドパーク。
★少し高いぞ!ハイランドパーク。(手入れの経費を考えるとしょうがないか。)
小さな子供連れでも充分楽しめました。
個人的には長年のレゴ好きとして、レゴミュージアムが最も楽しめました。
街並みやスターウォーズなどが展示してあったり、ブロックで遊べたり。
娘を勝手に遊ばせて、一人でぐるぐる見てました。
レゴの話題なら、これだけで何回分もの話題があるので時々綴ります。
これからの季節、那須は気持ちいいので、是非!

>ochi

+Kaneda*mokko HP+


2007.10.26 幸せの単位


今日の宇都宮は雨。そんな時はきれいな夕暮れの空を・・
昨日の読売新聞で「幸せの国・ブータン」という記事がありました。
3日連続の特集のようです。
先日テレビでもブータンの特集があり、最近ブータンが個人的に気になってます。
日本の経済成長を測る目安に、GNP(国民総生産)があります。
景気が安定して回復するには経済成長率年何%上昇だとか。
私たちの住む日本では経済の成長=生活の豊かさ、という感覚で普段過ごしていますが
ブータンではGNH(グロス・ナショナル・ハピネス=国民総幸福)という考えがベースに
あるそうです。
年金や健康保険などの社会保障は大丈夫なのか、子どもを安心して育てられる環境なのか・・
日々不安な話題が多い日本なので、この考え方は僕にはとても新鮮に思えました。
私たちは、経済的に豊かになっても、生活が便利になっても、まだ充足感を感じることなく
「もっともっと」と渇望している気がしませんか?
このGNHの考え方が暗示しているのは「足るを知る」ということのような気がします。
そういう自分も、日々無意識に「もっと」何かを求めているような気がして、ブータンから学ぶべきことが多い。
ブータンでも国王の引退に伴い、王政から議会制民主主義に変わる変革期にあるようです。
経済・環境・文化などのバランスが取れた「幸せ」を実現させる国になってもらいたいですね。
幸せは日々の暮らしのちょっとしたことにあるのでしょうね。
それに気づけるかどうか、感じられるかどうか。

>ochi

+Kaneda*mokko HP+


2007.10.23 十三夜


今日は十三夜です〜
片見月は縁起が悪いそうなので
十五夜に続き十三夜をやりました。
十五夜はサトイモなどを供えることが多いため
「芋名月」と呼ばれていますが
十三夜は「栗名月」とか「豆名月」と呼ばれています。
これはお供えとして栗や豆を、神棚などに供えるからだそうです。
今日も長女と一緒にお団子を作りました〜
お団子を作るのが好きな幼稚園生も
めずらしいですよね〜
でも手作り団子は美味しいです!
>mu-mu


+Kaneda*mokko HP+